CORPORATE PROFILE

会社情報

沿革

戦前
1936年(昭和11年) ~
1945年(昭和20年)
  • 1936年(昭和11年)2月に堺化学工業(株)の貿易部門を分離独立し、無機工業薬品の輸出を主とする会社として設立(従業員数20数名)
  • 東南アジアへの輸出を主業務とし、中国へは、上海に支店、奉天(現在の瀋陽)・漢口(現在の武漢)・天津に出張所を開設
  • 終戦により中国内の拠点はゼロとなる
戦後初期
1946年(昭和21年) ~
1962年(昭和37年)
  • 海外拠点消失に伴い、国内販売体制を強化
  • 昭和30年代に入り、堺物産(株)、矢吹商事(株)の業務を吸収し国内販売体制を確立
  • ラインファルト(道路交通表示樹脂白線)事業を開発し、営業基盤を拡大
高度経済成長期
1963年(昭和38年) ~
1980年(昭和55年)
  • ニューヨーク、台北、ロッテルダム、シンガポールに海外拠点を設立
  • 東京オリンピック、大阪万博等の需要により、業績を急拡大
  • 業容拡大に伴い、エム・エルエンジニアリングを始めとする子会社10数社の設立を推進
  • 1965年(昭和40年)から1975年(昭和50年)にかけて売上高は27億円から162億円と6倍に。
  • 1980年(昭和55年)には売上高350億円を達成(従業員数145名)
再建期
1981年(昭和56年) ~
1988年(昭和63年)
  • 第四次中東戦争に端を発したオイルショックによる業績悪化のため、子会社を整理
  • 1987年(昭和62年)には売上高238億円となる(従業員数88名)
  • IT化により今後の成長が見込める電子材料に注力。
  • 貿易取引の充実を図り売上構成比率が24%→35%に。
    ※ 1980年9月決算(当時は9月決算)から1989年3月決算の変化
発展期・安定期
1989年(昭和64・平成元年) ~
現在
  • 1994年(平成6年)4月に大阪証券取引所新二部に上場(初値725円)
  • 1996年(平成8年)に大阪証券取引所二部に上場
  • 2002年(平成14年)2月にISO14001認証取得
  • 2005年(平成17年)2月にISO9001認証取得
  • 新興国向けに今後の成長が見込める紙オムツ用資材としての衛生材料に注力
  • シドニー、ソウル、デュッセルドルフ、上海、イスタンブール、バンコクに海外拠点設立(貿易取引の売上構成比率50%)
  • 2008年(平成20年)には売上高390億円となる(従業員数86名)
  • 2012年(平成24年)9月にインドネシア(スラバヤ)に合弁会社を設立し初めての製造業に進出
  • 2013年に東京証券取引所二部に上場

PAGE TOP