Sustainability

サステナビリティ & CSR

サステナビリティ基本方針

当社は、「社会にとって存在感のある企業を、社員にとって働き甲斐のある会社を目指す」という経営理念のもと、すべてのステークホルダーに配慮した事業活動を行うことによって、持続的な企業価値の向上を目指します。また、自らの持続的な成長とともに、持続可能な社会の実現に貢献するため、以下の方針に沿って重要課題(マテリアリティ)に取り組みます。

1. 環境問題への積極的取り組み

地球環境への配慮を経営の重点課題と位置づけ、企業活動の全領域で環境との共生に努めます。

2. 人権の尊重

人種、国籍、言語、宗教、思想、年齢、性別、性的志向、障がいの有無等に関わらず、人とその権利を尊重し、事業に関わるすべての人たちが活躍し、働き甲斐のある事業活動を推進します。

3. 労働環境の整備・改善

従業員の健康と安全衛生に配慮し、働きやすい職場環境を実現するとともに、雇用における差別や非人道的な扱いを禁止します。

4. 取引先との公正・適正な取引

安全・安心・健康に配慮した商品・サービスを提供し、取引先との公正な事業慣行に則ったサプライチェーンを構築します。

5. 自然災害等への危機管理

リスクの発生に備えた未然防止活動と発生後の適切にして迅速な事後対応活動を含むリスク管理システムを構築します。

6. 多様性の確保

多様な視点や価値観が存在することは、会社の持続的な成長を確保する上で重要であるとの認識に立ち、女性・外国人等の活躍促進を含む多様性の確保に努めます。

7. コンプライアンスの徹底

国際規範及び事業を展開する国や地域の法・規範を遵守し、誠実な事業活動を行います。
また、法令を遵守することはもちろん、常に社会的良識に沿った行動に努めるとともに、反社会的勢力には毅然とした対応をし、一切関係を持ちません。

8. サステナビリティ推進に向けた社員への教育・啓発

「サステナビリティを推進するのは社員一人ひとり」であることから、社員に対し重要課題に関する意識を醸成するための教育・啓発活動を行います。

2021年12月15日
代表取締役社長 赤水宏次

PAGE TOP